ThunderForce6

ThunderForce6
とりあえずEasyでクリア







感想
どうしても5と比較してしまうのは仕方ないのか?
BGM、演出に関しては5の方が圧倒的に素晴らしかった。

音楽は頭に残らなかった...
5が余りにも強烈すぎてどうしてもそっちを意識してしまうのかもしれないけど。

フリーレンジの弱体化は当然っちゃ当然...

演出
ステージ毎の盛り上がりを感じなかった。
地形の起伏とかで変化を見せようとするのはいいけどステージが短いかな~。
あとボスの爆発シーン。迫力はあるけど同じ演出なのはなぁ...

西夏文字、モンゴル語は無いわw
人工知能は英語の合成音声でいいんじゃないかな?と思ったり。

TFシリーズのお約束である機体のアップグレードのシーンがよくわかんない。
タイミングといい必要性といい...

エンディングがとにかく酷い('A`)
オーン・ファウストの台詞は5のGurdianの台詞のほぼ使いまわし。
でも上から目線で不気味な感じがした。
しかもLastLetterのような感動的なBGMじゃなかったので尚更不気味に感じた。

この辺はクリア後に追加されるReport見て脳内で変換しないといかんかな。

それでもThunderForceⅥを世に送り出してくれたゾルゲール哲氏には感謝
今後も頑張って欲しいし続編も作って欲しい
次回はBGMには山西利治氏、九十九百太郎氏等の旧テクノソフトのスタッフを起用して欲しい。難しいとは思うけど。
[PR]

  by zear-2 | 2008-11-01 01:31 | ゲームネタ

<< バグ?いいえ仕様Death そんな! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE