OCZ Vertex

先日購入したVertex60GBでベンチ取ってみた。

公称スペックは(製品情報より)
Read: Up to 230 MB/s
Write: Up to 135MB/s
Sustained Write: Up to 70MB/s
だとか。

しかし、確実に言える事はICH7Mじゃ性能発揮できないということ。(SATA2非対応だから)
SSDのベンチ取る前に

Vertexのファームウェアは公式にある最新のデータを使用(v1.10)
仮想メモリOFF
メインメモリ2GBの内768MBをRamdiskに回す。
システムの復元をOFFにする。
NTFSの最終アクセス日時の更新を無効にする。
ディスクにインテックスを付け、ファイル検索を速くするというのをOFFにする。
以上を実施

ベンチはCrystalDiskMark2.20を使用
CPUはOCはせず、標準の1.6GHzで測定
windに標準で装着されているWD800BEVSとの比較。





HDD
d0000625_21585733.jpg

d0000625_21591291.jpg


SSD
d0000625_21592687.jpg

d0000625_21593685.jpg


圧倒的に速くなった。特にRandamReadが約30倍以上速くなったのは驚き!!
でもWrtiteがもうちょい出てもいいんじゃないかな?と思ったり。まぁこんなもんでしょうが....

起動はXPのロゴの下にあるバーが3周行かないぐらいで起動する。これはびっくり。
あとレスポンスも大幅によくなったヒィヤッハァー!
しかしICH7Mが憎い...SATA2に対応してればもっと速くなるのに('A`)
メインPC用に欲しくなってきたぞw

これはいい買い物だった!
[PR]

  by zear-2 | 2009-05-09 22:08 | PCネタ

<< PlanexのSDHC X-Bladesのアレやこれ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE